『尿1滴で95%以上の的中率!線虫がん検査』

医療技術が飛躍的に進歩している昨今、不治の病と言われた「がん」も以前に比べれば
治療により治せる病気になりつつあります。ただし、これは早期発見ができたらのお話です。
この早期発見が、がんを克服するための大きな鍵を握ります。

最近、がんの早期発見を可能にする画期的な検査方法が実用化されようとしています。
なんと、生き物を使ったやり方です。

【線虫によるがん検査の方法】
線虫とは、回虫などの仲間で体長1㎜のミミズのような形をした虫です。線虫は匂いを
嗅ぎ分ける能力が非常に高く、この特徴に着目し、がん検査に応用させたのが九州発の
とあるベンチャー企業です。

検査方法は、とても簡単です。まず検査を受ける人の尿を線虫のいる容器に1滴入れ、
線虫の動きを確認します。結果を見ると、線虫はがん患者の尿に近づき、健康な人の
尿からは離れていくことがわかっています。
この線虫を活用した検査方法では、ステージ3や4といった重いがんだけでなく、
ステージ0や1といった早期がんも発見することが可能です。

【脅威の的中率と割安な費用】
研究チームの発表によると、線虫によるがん検査では的中率95.8%という非常に
精度の高い結果が認められています。
判定結果にかかる時間は30分から1時間半とスピーディで、尿検査を受けるのと変わら
ないので、患者さんの体にも負担が少なく済みます。また費用もたいしてかかりません。

現在、健康診断や人間ドックでのがん検査には高額な費用がかかります。
市町村で受診できるがん検査は無料か、上限2,000円ほどですが、お住いの地域で
検診をやっていない場合や自主的に検査を受ける場合、大腸がん3万円、乳がん2万円、
総合健診では10万円近い費用がかかります。(独立行政法人国立がん研究センター、
検診研究センターの情報より)
一方、線虫を使ったがん検査では、1回数百円で、人件費などを含めても数千円で
抑えられる見通しになっています。

【実用化は2020年ころがめど】
線虫によるがん検査は、2017年の現時点では実験段階です。研究チームと企業が協力し、
2020年までの実用化を目指しています。
がんは日本人の2人に1人がかかる病気ですが、早期発見が最大の予防法と言われています。
自分の健康を守るのは自分自身です。
まずは定期的にがん検診を受けるように心がけましょう。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム