第1回オリンピック アテネ大会

東京オリンピックが始まりました。
コロナ禍の中、異例づくしの開催ですが
毎日たくさんの種目で熱戦が繰り広げられています。

今回の第32回東京大会では33競技が実施されますが
第1回アテネ大会では陸上、水泳、レスリング、体操、射撃、
フェンシング、テニス、自転車の8つだけでした。
優勝者には銀メダルとオリーブの枝、2位には銅メダルと
月桂樹の枝が授与され、3位にはメダルがなかったそうです。

ちなみにこの大会のマラソンで優勝したのは
ギリシャの選手でした。
羊飼いの仕事をしていた彼はこの優勝で一躍ギリシャの
ヒーローになりました!

全力で戦う選手たちの姿は、見る人に感動を与えます。
これは昔も今も変わらないですね😊

第1回オリンピック アテネ大会

東京オリンピックが始まりました。
コロナ禍の中、異例づくしの開催ですが
毎日たくさんの種目で熱戦が繰り広げられています。

今回の第32回東京大会では33競技が実施されますが
第1回アテネ大会では陸上、水泳、レスリング、体操、射撃、
フェンシング、テニス、自転車の8つだけでした。
優勝者には銀メダルとオリーブの枝、2位には銅メダルと
月桂樹の枝が授与され、3位にはメダルがなかったそうです。

ちなみにこの大会のマラソンで優勝したのは
ギリシャの選手でした。
羊飼いの仕事をしていた彼はこの優勝で一躍ギリシャの
ヒーローになりました!

全力で戦う選手たちの姿は、見る人に感動を与えます。
これは昔も今も変わらないですね😊

盆踊り

昨年はコロナ禍の影響でほとんどの行事が中止されて
物足りない夏となりましたね。

夏の風物詩は数多くありますが、その代表格の
「盆踊り」もここ数年でずいぶん様変わりした
したようです。
定番の音頭だけではなく、J-POPやアニメソング
で踊ったり、騒音対策のため音楽をFM電波で飛ばし
参加者はイヤホンで聞きながら踊ったりするものも
あるとのこと(*'▽')

私の住んでいる地域の盆踊りは出店も多くは
ないのですが、老若男女たくさんの人が集います。
顔見知りも多いので近況報告の場になったり
久しぶりの里帰りで懐かしい友達と会う場に
なったりと本当にみんな楽しそうです(^_^)

また子供たちの笑い声いっぱいの盆踊りが
開催されるのを心待ちにしています☺

子供の習い事

子供の習い事のトップは水泳。
心身に良い効果が期待できるとあって
以前から定番の習い事ですね。

個人的にはソロバンをさせてて
良かったと思ってます。

暗算ができるようになると
「おやつは100円までね」の制限を
守りつつ、いかにたくさんの駄菓子を
買うか計算しながら選んでいた
娘の姿を思い出します(笑)

日々の生活の中でも
計算をする場面は意外に多いので
ちゃちゃっと答えを出す娘を
「すごいなぁ」と感心していました。

どんな習い事でも
子供が楽しんでくれてたら
親としてうれしいですよね(^_^)


グランピング

従来のキャンプもいいですが、ここ数年グランピングが
できる場所も増え、手軽に豪華なキャンプが楽しめる
とあって人気ですね。

私も何度か小樽でグランピングをしたことがありますが、
日常にはない素敵な時間を過ごすことができました。

コロナが終息して日常生活を取り戻したら
また行きたいと思います😊

SDGs(持続可能な開発目標)

最近、SDGs(持続可能な開発目標)という言葉を
よく耳にします。

2015年9月のサミットで世界のリーダーが決めた
国際社会共通の17の目標のことです。
2030年までに地球上のあらゆる問題を解決しようと
いま世界が一丸となって取り組んでいます。

ネットで検索していただくと具体的な内容が
でてきますので、ぜひ一度読んでみて下さい。

世界のために自分にもできることがきっとあるはず!!

日光浴

北海道でも日差しの強い日が増えてきました。
お店には日焼け止めグッズもたくさんありますね。

日光に当たるのをできるだけ避けたい気もしますが
健康的な日光浴は、夏なら木陰で30分程度、
冬なら手や顔に1時間程度でいいそうです。

日光に当たるとビタミンDが皮膚でもつくられます。
このビタミンDは、カルシュウムの吸収をよくするため
骨をつくるのに欠かせない成分です。
ただ、食事からでは十分な摂取が難しいといわれて
いるので日光浴という方法で補うことができますね。

気持ちのいい日光浴で健康になりましょう😊


タンポポ

道端にタンポポを見つけると春が来たなって
思いますよね。

どこにでも咲いているタンポポですが
実はハーブの一種(私はずっと雑草だと思ってました)
しかも栄養価が高いとのこと。

花や葉はもちろん、根までコーヒーとして
飲むことができるため
食用として育てる人もいるそうですよ。

小さな頃、タンポポで首飾りや冠を作ったり
ままごとの時はいつも料理の材料に見立てて
遊んだことが懐かしい思い出です😊

なつかしい桃の味

北海道ではこれから花粉症の本番ですね。
私は毎年この時期がくると
コロナ禍になる前からマスク着用で外出しておりました(^-^;

私の場合、大人になってから突然発症し
それをきっかけに桃や梨などが食べられなくなりました。

小さな頃、よく母が買ってきてくれて桃は大好きでした。
なので、食べられなくなった今でもあの食感や味を思い出すと
なんだか懐かしくなります。

いつか私のアレルギーが抑えられる薬ができたら
桃を丸かじりしたいです😊

3.jpg


子供の頃の記憶

私が覚えている一番古い記憶は
たぶん、4歳頃かと思います。

なぜか腕時計に憧れてしまい
手首に直接マジックで腕時計を書いて
時間を確認するしぐさをしていたのを
覚えています(笑)

自然豊かなところで育った私の記憶は
多くはぼんやりとしているのに
太陽の明るさや夕焼けの色、濃い緑の草原とか
景色だけはハッキリと思い出せます。

乳幼児期の脳は「幸せ」を感じることで
どんどん発達するといいます。

未来の宝の子供たちに
幸せな記憶がをたくさん残せるように
してあげたいですね😊